漢方薬が西洋薬と違うところは医者から処方されることが少ない、ということと、即効性を求めるには適していないというところでしょうか。
けれども、西洋薬が効かず、最後には漢方薬にたどり着き、よくなった、というようなことを耳にすることは少なくないと思うのです。
それはなぜでしょうか。
元々、西洋薬は対処両方的に、頭痛がするのだったら、痛みを緩和する、熱が高いのだったら下げる、腹痛がするのだったら、痛みを止める、というような処方が多くなります。
それもそのはず、西洋薬は即効性があるように生薬をしぼって作られている薬が多いからです。
そして、具合が悪くなった人が普段行くのが病院。
病院には、検診、予防接種等で行く以外は、通常の状態ではなく、具合が悪くなってから、病院の門を叩くのです。
勿論、主治医がいて、普段の健康の様子を知っていてくれるというありがたい医者もいますが、普段、健康な状態を知らせに病院に行く事はありえないので、処方する薬もそのような対処療法の薬に頼らざるおえなくなるのもうなづけます。
また一般の医者の中で、漢方薬に精通している人は意外と少ない、というのも、漢方薬を処方されない理由の一つでしょう。
親切な医師ですと、漢方薬のことを尋ねると、「詳しくはわからないのですが」と言いつつ、調べながらも答えてくれるような若い医師もいらっしゃったりしますが、ベテランの医師になればなるほどその傾向は少なくなる気がします。
漢方を知りたかったら、実は漢方薬を先行していた数少ない医大出身の先生を捜すか、やはり漢方薬屋や薬剤師に尋ねた方が早い場合もあります。
漢方は、病院と一般の人の間にある薬、という感じがします。
漢方薬は症状だけで処方されることはありません。
様々な生薬が配合されているものがほとんどなので、頭痛一つをとっても、体質等によっても処方されるものが変わります。
適する薬を見つけていくために、まずは患者自身も見過ごしていた、自分の体というものを見つめ直す機会が与えられるのです。
漢方は通常煎じて飲むのが一般的ですが、今では顆粒タイプの物もあり、それを湯で割って飲むのがいいとされています。
飲むのも食前、食間等のお腹に何も入っていない状態で飲むので、ある意味薬を飲むための時間というものが慌てて食後に混ぜて飲むというより、薬を自分の体に吸収させ、自分自身でも味わうというような時間を持つ事ができるのです。
漢方薬は自分自身の体をまず知り、体全体を整えていくことで、症状を緩和させていく、治し方をします。
漢方薬を飲む事で、他の部分も体全体が健康になっていくということが、可能なのです。