私は病院に行くよりも、薬で病気を治そうとするタイプです。しかも治療に使う薬は漢方薬と決めています。
別に医者が信用できないというわけではなく、どちらかというと病院がくれる薬にあまり信頼が持てないのです。
どうやら私は強い薬を飲むと、身体の調子がおかしくなって、皮膚に気持ちの悪いブツブツができてしまう体質のようです。
体調不良もブツブツも数日すれば収まるのですが、薬を飲んでさらに体調が悪くなるというのは、本末転倒な気がしてなりません。
そうした事情からなるべく病院には行かずに、私は漢方薬で治療をしようとしています。
もちろん外科に関しては病院を頼っていますけどね。さすがに漢方薬で傷の縫合はできませんから。
また私が漢方薬に頼っているのは、何よりも効果があるからです。
私が今、身体のことで一番悩んでいるのが便秘です。これはもう十年来の付き合いです。
私は学生の頃にとても太っていました。中学生なのに90kg近く体重があったのです。
さすがにこれでは健康にも良くないし、何よりも女の子にモテナイ。
そう思った私は一念発起して、体重を一般男性の平均にまで落としました。
今にして思えば、成長期に無理なダイエットをしたからいけなかったのでしょう。
それ以来、私はひどい便秘症になってしまったのです。
下手をすれば一週間は便がでません。
しかも出るときは細くて頼りない便しかでないのです。
常に身体に便が溜まっていると思うと、精神的に憂鬱になり、便秘による膨満感で常に苦しんでいました。
病院から薬をもらって飲んだのですが、それでも効果はありません。
お医者さんに「いっそのこと外科手術で便を出してしまうと良いのでは」と言われた時は震え上がりました。
たしかに便秘は苦しいですが、手術なんて手段を使わないといけないのか、と。
すると祖母から「センナという漢方薬が便秘に効果がある」と教わり、薬局で売られていたセンナを煎じて飲んでみました。
すると出るわ、出るわ。久方ぶりの快便です。
私はトイレで泣いてしまいました。
それ以来、私は漢方薬センナを飲み続けています。
飲むのは就寝前です。
大体飲んでから6時間後に便が出るので、朝になるとちょうど良いのです。
その他にも漢方薬を色々と試したのですが、やはり私には漢方薬の方が効果があるようです。
漢方薬は昔から使われています。それだけ効果があって実績があるということです。
その歴史が私を安心させてくれるのです。